コンテンツへスキップ

今更聞けないが聞いておきたい、クレジットカード現金化はどんなサービス?

クレジットカード現金化を調べてみると、取り扱っている業者も多く存在し、合法なやり方かと思いきや違法とまではいかなくてもグレーだったりと実態がイマイチ掴みにくい雰囲気を醸し出しています。

そこで誤解を解くと言う訳ではありませんがクレジットカード現金化は一体どんなサービスなのかをこれから紹介していこうと思います。

クレジットカード現金化ってそもそも何?

クレジットカードの現金化は簡単に言ってしまえばショッピング枠で買い物をした物を業者に買い取って貰う「換金」と同じ様な物です。

違うとすればその商品が自分の意思で買った物か現金化の為に業者に指定されて買った物かぐらいです。

業者が指定した商品を購入しそれを元に業者側で設定している換金率を元に現金にしそれを元に現金を欲している利用者の元へ振り込まれます。

どんな人が利用しているの?

現金化を利用している人の傾向を見てみると主に「キャッシングの審査には通らなかった人」が多いです。

現金化を使わないで消費者金融や銀行系カードローンとかを使えばいいじゃんと思うかもしれません。

言われてみればその通りで申し込み自体は成人なら誰でも出来ますがそれが受けられるかは別です。

キャッシングを受ける為には避けては通れない審査があり、特に収入面と個人の信用情報面は金融会社としても重要な項目ですので厳重にチェックされます。

なので借りる金額に対して収入が少なくて返済に支障をきたしそうな人や申し込み以前にローンを組んで返済を滞納して事故を起こしてしまった人だと通りづらくなっており無事故の人でも通れない時もあります。

そんな状態なのにクレジットカードは作れるんだと疑問が出ると思いますが今でこそ審査には通りづらい身分だがそうなる以前にクレジットカードを作っていて利用していても返済はちゃんとしている人もいる為カードだけは持てている人がいるのは不思議な事ではありません。

現金化で買わされるのはどんな商品?

業者によって指定される商品は違うので業者次第と言えますがどの業者も傾向として多いのは「申し込み時点で換金率が高そうな商品」になります。

2017年現在の傾向としては、

  • 最新家電(TVやレコーダー、パソコン等)
  • 申し込み時点での最新ゲーム機
  • 商品券や新幹線チケット

この中から指定される事が多いです。

現金化の際に注意する事は?

基本的に無いとは言い切れずカード会社から内容を聞かれる事が有ります。

特に商品券やチケットを大量に購入した際にはそれらは換金率が高い商品である事をカード会社側でも認識しておりそれの大量購入した際カード会社から第三者の手で不正に使われていないかの確認の電話が入り使用目的を聞かれます。

もしも現金化の為とは言え換金目的で購入が分かった場合規約違反としてカードの一時的な利用停止の処分が下されます。

また連絡は無くても現金化の為とは言え商品を購入する為その分返済義務が生じ現金化以前に利用して返済途中のがあればそれも加わる為多重債務になる可能性が高まり自己破産へもその分近づきやすくなります。

現金化も計画的に返済の目途を立てないといけません。(もっともクレジットカード自体後払い式なので計画的な利用が必須ですが)

クレカ現金化のサービスはこの様になります。

文字だけで見ると少し敷居の高そうな雰囲気はありますが使ってみると拍子抜けする程簡単で利用後の返済の目途さえしっかりと立てていれば困った時に役立つサービスと言えるでしょう。

全国対応

北海道地方 北海道
東北地方 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東地方 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
中部地方 山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、岐阜県
近畿地方 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国地方 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 香川県、愛媛県、徳島県、高知県
九州、沖縄地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

サイトマップ