コンテンツへスキップ

クレジットカード現金化を自分で行なうには限界がある

クレジットカードを利用して新幹線の回数券を購入したことがある人も多いでしょう。

余った回数券は、金券ショップで買い取ってもらうことが出来るので、何度か利用しているうちに自分でクレジットカード現金化が出来ることに気が付きます。

しかし、クレジットカードの利用規約には明確にショッピング枠の現金化が禁止されているので、カード会社に見つかるとクレジットカード利用停止となりかねません。

中には新幹線回数券を何度もクレジットカードで購入して、金券ショップへ持ち込んで買取依頼をしてもクレジットカードが利用停止とならない人もいます。

なぜなら、勤務先会社の本社と支社が購入した新幹線回数券の発着駅ならば、不自然に大量の購入をしない限りは不自然な使い方では無いからです。

しかし、新幹線の回数券を購入して自分でクレジットカード現金化を行える人は、ごく一部に限られており、不自然なクレジットカードの使い方を行なうと、毎回電話認証が必要となったり現金化がバレやすくなってしまいます。

この点、現金化業者を利用すれば、何度か利用すれば分かるように、カード会社から後日送られてくる利用明細には、毎回異なる会社名での決済処理がされていることに気が付くでしょう。

クレジットカード現金化業者は、毎回複数の決済会社を使用して不自然な使い方とならないように工夫しています。

クレジットカード現金化を自分で行なうためには、購入商品を転売する必要が出てくるので、購入可能な商品は換金しやすい商品に限定されます。

同じ商品を何度も買い取る業者は少ないので、手間と時間がどうしても掛かってしまいがちです。

クレジットカード現金化業者ならば、多くの商品を様々な決済会社を利用して行なうので、1点集中型の決済とはなりにくいです。

カード会社では、全てのショッピング履歴を確認するわけではなく、独自のアルゴリズムで組まれた不正利用を検出するシステムに引っかかった取引のみ監視します。

ほんの数回だけ少額を現金化する場合以外は、最初から現金化業者を利用した方が安全に現金化出来るでしょう。